ウィンドウズXPからOS更新 図書館泣かせ

2013年7月28日付け東京新聞に、
「開かずの電子資料 OS更新 図書館泣かせ」という記事がありました。

記事によると、図書館では、『昨年、OSを「ウィンドウズ7」に更新して以降、「資料が開けない」という問い合わせが目立つようになった。』とのことですが、ウィンドウズ7や8には、いくつかバージョンがあり、「PRO」以上のもので、「クライアントHyper-V」というアプリを使えばXP等旧OSでしか作動しないソフトも作動させることができます

中小企業支援認定支援機関として、仕事するときによく使う資料として、『業種別審査事典』(きんざい)という本があるのですが、自分で買うというのはちょと困難なので、図書館を利用させていただいています。

自分で買ったものは、自衛策をとることもできますが、図書館で利用している本がOSの更新により閲覧不可能になってしまうというは大変不便です。抜本的な改善策をとることをお願いしたいです。



このブログの人気の投稿

著作権法からみた小保方晴子氏のコピペ問題についての一考察

中小企業専門家育成講座(マーケティング 本当に稼げる考え方と動き方)を開催しました。

事務所開設のご挨拶