第一東京弁護士会新進会のサイトが公開されました。

第一東京弁護士会新進会のサイトが公開されました

新進会は、第一東京弁護士会の登録15年目までの若手弁護士の任意団体です。

任意団体なので、第一東京弁護士会の公認団体ではありません。当然のことながら、弁護士会から予算がつくわけでもなく、活動は会員のボランティアによって支えられています。

若手弁護士といっても、弁護士に登録してから起算しておおむね15年目までということなので、実際の年齢と比例しているわけでもなく、外見上若手?・・・という人も含まれています。一応15年目をすぎるとメンバーとしての発言権を失うというか、幹事にはなれないという暗黙のルールで運用されています。OB扱いですかね。

研修だとか、出版活動とか、いろいろやっており、私は、平成22年度の幹事長だったのです。

ただ、毎年メンバーの卒業を前提にしている団体ですと、会員のITリテラシーというか、性格とか、様々なばらつきがあり、ブログの管理が一番難しいようです。今回エキサイトブログから、ワードプレスへとお引っ越しになったようですが、まだ中身は寂しい限りです。更なる充実を期待しています。

新進会会員の皆様、何かの機会に、この記事を発見したら、私のFBP「弁護士高澤文俊の新時代のプロフェッションを目指して」に「いいね!」してくださいね。宜しくお願いします。

このブログの人気の投稿

著作権法からみた小保方晴子氏のコピペ問題についての一考察

事務所開設のご挨拶

中小企業専門家育成講座(マーケティング 本当に稼げる考え方と動き方)を開催しました。