社労士の勉強会(病院のお仕事)に参加しました。

 月1回社会保険労務士の先生方の勉強会に参加しています。

 今回のテーマは、「病院の経営について」です。普段聞く機会のないお話なのので、非常に楽しみにしていました。

 厚生労働省のHPにもあるとおり、医業の経営は相当厳しいものがあるようです。とにかく医療費を削減するのが国の方針になっており、今までの経営を続けていては成り立たないのは、明白ですが、医療法を始めとする、様々な法規制があり、「効率的な経営」を簡単に目指すというわけにいかないとのことでした。

 人件費の経費にしめる割合は、非常に高く、シフトを組むときの苦労や、残業代の計算等が非常に複雑で、時間がかかるとのことでした。

 また、救急車の一部有料化、健康保険証をもたない青年層の増大等の社会問題を実感させられるケースも多く、情熱をもっていないと続かないという実態もあるようです。

 公立病院は、大変なところが多いが、私立病院であれば、基本は儲かっているのかと誤解がありましたが、そのような偏見を払拭できたいい機会でした。

 今後も引き続き参加を続けようと思いました。

このブログの人気の投稿

著作権法からみた小保方晴子氏のコピペ問題についての一考察

中小企業専門家育成講座(マーケティング 本当に稼げる考え方と動き方)を開催しました。

瀬木比呂志著『絶望の裁判所』を読んで