社労士の研修旅行の講師をやりました。

 私は、社労士の勉強会に参加しています。その勉強会では年に1回有志で研修旅行をしています。
 今年は、長野県の松本へ。一日目は早めに宿に行き、研修を終え、その後懇親会、翌日は観光を少しして帰るというような日程です。
 その一日目の研修での講師を引き受けることになりました。テーマは、「弁護士から見た他仕業」です。
 弁護士がやっていることって、一般の方はもちろんですけど、他仕業の人からも十分に理解されているとはいえない状況にあります。逆に、弁護士も他仕業のことを十分に理解しているとはいえないでしょう。
 そこで、弁護士があまり他の人には言えない仕事の実態とか、自分は、社労士や税理士、司法書士、行政書士、会計士の仕事をこんな風に見ているんです。というな話をし、その後、クロストークで各自が意見交換というようなやり方をしました。
 最後には、会長から「どこに行っても聞けないような貴重なお話をいただいて大変勉強になったと思います。」と言っていただけました。
 翌日は、松本城を見学し、お蕎麦を食べて帰りました。ざざ虫の類は私は食べませんでした。
 士業は信頼関係がとても大事ですが、日頃の交流が信頼関係の基礎になることが多いので、こういう旅行会はとても大事な企画なのです。これからも参加したいと思いました。

このブログの人気の投稿

著作権法からみた小保方晴子氏のコピペ問題についての一考察

事務所開設のご挨拶

中小企業専門家育成講座(マーケティング 本当に稼げる考え方と動き方)を開催しました。